患者の血圧を測定する医者

高血圧症は日本において最も患者数の多い疾患の1つです。
高血圧症には、遺伝的要因、生活習慣、腫瘍など様々な要因によって引き起こされますが、中でも生活習慣が近年問題となっています。
食生活の欧米化によって生活習慣が乱れ、これが原因で高血圧症を発症する人は増加傾向です。

この高血圧症の初期治療においてよくミカルディスという薬が使用されます。
ミカルディスの成分名はテルミサルタンというもので、これはアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬と呼ばれる種類の高血圧症治療薬です。
アンギオテンシンAT1受容体拮抗薬にはミカルディスの他に、オルメテック、ブロプレス、アジルバ、ディオバンなどがあります。

ミカルディスの高血圧症に対する効果に関してですが、降圧作用は決して高いものではありません。
アンギオテンシンAT1受容体拮抗薬同様に高血圧症治療の初期段階でよく使用される、アムロジピンなどのカルシウム拮抗薬の方が降圧作用は極めて高いです。
もちろん高血圧症治療薬として臨床応用されているので、一定の降圧効果は認められています。
しかしその強力ではない降圧効果でなぜ頻用されているのでしょうか。
それはミカルディスが動脈硬化を予防、改善する効果に優れているためです。
また腎臓や心臓の保護作用があることも注目すべき点です。
ミカルディスはアンギオテンシンIIの組織への作用を阻害するのですが、アンギオテンシンIIは腎臓において細動脈を収縮させ、腎硬化を進行させてしまいます。
またアンギオテンシンIIは心臓においては直接的に心筋を肥大化させることも知られています。
ミカルディスは降圧効果だけでなく、このようなアンギオテンシンIIの人体への悪影響を遮断し、生命予後を改善させるのです。

記事一覧
ミカルディスは高血圧によるむくみを改善できます

血圧が高くなると、むくみが起きやすいですが、これは高血圧の症状というわけではなく、高血圧から引き起こされる合併症により起こっている場合がほとんどです。 むくみが起こると、心臓病や腎臓病、肝臓病、甲状腺機能低下症などの病気を疑う必要がありますが、高血圧の人の場合は、心臓病や腎臓病になっているケースが多いので、早めに医師の診察を受けるようにしてください。 血圧が高い状態が続くと、心臓に大きな負担がかかり、心不全を起こすため、肺に血液がたまりやすくなります。 肺に血液がたまると、静脈でうっ血を起こすため、足がむくんだり、階段を上ったりするだけで息が切れやすくなり、夜中に胸が苦しくなってたまらなくなることがあります。 また高血圧になると、腎臓のろ過機能も低下するので、腎臓病になりやすくなります。 腎臓病になると、足以外にも、手や顔、お腹など、全身にむくみの症状が起こるので、それを改善するためには、病院で適切な処置を受けなければなりません。 高血圧が原因で起こるむくみを改善するにはまず、ミカルディスのような血圧降下剤を使って、高くなっている血圧を下げる必要があります。 血圧降下剤の中でもミカルディスは、アンジオテンシンII受容体阻害薬というタイプの薬で、血圧が上がる原因として知られる、アンジオテンシンIIの働きを阻害できるので、血圧改善には非常に効果があります。 ミカルディスで血圧を正常な数値まで戻せれば、自然とむくみも治まり、心臓病や腎臓病になるリスクを減らせます。 病院で処方してもらったり、個人輸入代行通販で購入すれば、ミカルディスを入手できるので、血圧を改善して、健康に生活したい方は覚えておくようにしましょう。

2019年10月25日
脳動脈硬化症予防におけるミカルディスによる降圧治療

ミカルディスはテルミサルタンを有効成分として含む高血圧治療薬です。 アンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類されるミカルディスは比較的新しい降圧剤であり、安全性と有効性の高さから、カルシウム拮抗薬や利尿剤などの他の降圧剤と同様に広く用いられるようになっています。 ミカルディスの作用メカニズムはカルシウム拮抗薬や利尿剤とは異なることから、重篤な高血圧に対しては併用を行うこともしばしばあります。 そういった多剤併用を行ってでも高血圧患者の血圧を下げて正常な値にするということが需要となるのは、血圧が高い状態を維持することによる身体への負担が最終的には合併症につながることになるからです。 血圧が高いままにしておくと心臓や血管への負担が大きくなります。 その結果としてよく生じるのが動脈硬化です。 血管の中でも心臓からの血液の拍出の影響も受ける動脈には大きな圧力がかかることになり、それに抵抗するようにして血管壁が肥厚してしまいます。 それによって血管壁がもろくなり、血管自体も狭くなってしまうという状況になるのです。 動脈硬化自体には自覚症状がないことが多いものの、これが原因となって合併症が生じると生命にかかわることになる場合もあります。 その典型的なものが脳動脈硬化症です。 脳動脈硬化症は脳の血管で動脈硬化であり、その血流障害が原因で発症します。 脳動脈硬化症によって生じる疾患の代表的なものが脳梗塞と脳出血であり、いずれの場合にも意識障害を伴う危険な病態となってしまうのです。 そういった危険性の高い疾患が生じる以前から、頭痛やめまい、耳鳴りなどが症状として生じるのが脳動脈硬化症の特徴です。 こういった疾患にかかることを防止するためにも降圧治療が大切になるのです。

2019年09月27日
武田薬品にとって危険分子となりつつあるミカルディス

ミカルディスはアンジオテンシン受容体拮抗薬として知られる比較的新しい高血圧の治療薬です。 武田薬品が開発したアンジオテンシン受容体拮抗薬から遅れて市場に出てきたこともあって売れ行きという面においては武田薬品の製品には劣るという道筋をとらざるを得ませんでした。 アンジオテンシン受容体拮抗薬は類似薬としてアンジオテンシン変換酵素阻害薬がありますが、問題となっていた副作用の一つである空咳が生じないというメリットを生み出しました。 そのため、武田薬品が医薬品を市場に出したときには多くの医療機関がそれを採用して使用を始めることになったのです。 医療現場としてはあまり多くの種類の同系列の医薬品を持つのも在庫過多になる危険があり、使用経験が多い医薬品を優先する傾向が強いというのが実際です。 そのため、ミカルディスがシェアにおいて武田薬品の開発した医薬品に勝るというのは難しい状況があります。 しかし、ミカルディスは腎臓保護作用がより強いということが比較試験を繰り返してくることにより明らかとなっています。 その結果として糖尿病性腎症にも適応拡大が実現されるなど確実に市場を広げています。 他の高血圧治療薬との合剤も開発されてファミリー形成を行い、現場でより使いやすい医薬品として生まれ変わってきているのがミカルディスです。 武田薬品や他の同種の医薬品を開発した企業としては危険な状況に陥る恐れが生じてきている我の現状です。 アンジオテンシン受容体拮抗薬は妊婦に対して使うと胎児に影響が出てしまう危険性があるといった問題も残していることから、そういった問題を解決した同種の医薬品が登場するとさらに市場を賑わせることになるでしょう。

2019年08月31日
頭痛などの副作用があるミカルディスと塩分制限

高血圧症の治療に使う降圧薬のひとつに「ミカルディス」があります。 ミカルディスは成分名はテルミサルタンであり、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれるタイプの降圧薬です。 ミカルディスが血圧を下げられるのは、アンジオテンシンIIという体内物質がその受容体に結合して血圧を上げる働きをすることを妨げる作用があるからで、この薬を飲むことで患者さんの血管は拡張されて血圧が下がるという効果を得られます。 ミカルディスは1日1回の服用で良い薬となり、長期維持療法に適しています。 そのため、多くの高血圧症患者さんがこの薬で血圧管理を行っていますが、それには副作用が少ないという特徴も関係しています。 ミカルディスの特徴は咳が出る副作用がほとんど見られないことで、他の副作用も比較的出にくい利点がありますが、まれに身体のだるさを感じたり、頭痛やめまいなどが出る場合もあるので、頭がフラフラするなどの症状がひどい場合には、早めに医師に相談するのがおすすめです。 また、この薬を飲んだことによる影響として、飲み始めにめまいや立ちくらみを起こしやすいことがあるので、薬の影響で頭がくらっとしたことが原因で危険な目に遭わないように、車の運転や高い所での作業をする時は充分に気をつけてください。 高血圧症は高齢になってくると多くの人が患う病気ですが、降圧薬の使用だけでなく、塩分制限や運動療法によっても血圧を下げることは出来ます。 特に食事の塩分制限は普段から気をつけて行っておけば、高血圧症になることを予防することが可能なので、まだ高血圧症と診断されていない人も、塩を控えた食事に慣れておくのがおすすめです。 降圧薬に限らず、薬を飲まなければならない生活は大変なものですから、なるべく早い時期から塩分制限を心掛けて高血圧症を防ぐことは健康を保つために良い方法と言えます。

2019年08月05日
生活習慣病の3疾患とミカルディスと合併の治療

生活習慣病の代表的な3疾患として知られているのが高血圧、糖尿病、脂質異常症です。 これらは互いに関連しあっているというのが特徴的であり、同じような生活習慣が原因となって発症しやすくなります。 そのため、3疾患の1つにかかってしまうと他の疾患を合併しやすくなるというのが特徴となっています。 これらの3疾患はいずれも自覚症状がはっきりとしないことが多く、増悪していくことによってようやく自覚症状が生じるというのが一般的です。 あるいは自覚症状が出るのは重篤な合併症を伴ってからであるということも珍しいことではありません。 それに加えて、3疾患は互いに合併症のリスクを高め合うことも知られており、これらすべての同時治療と予防を行っていくことが生活習慣病治療において重要になります。 薬物療法が積極的に行われるのが高血圧であり、ミカルディスはその選択肢として筆頭にあがるものの一つです。 ミカルディスは腎臓のレニンーアンジオテンシン系に作用することで降圧作用を示すことが知られており、腎臓への負担を軽減して腎保護作用を示すとされています。 そのため、糖尿病を合併している高血圧患者ではミカルディスが第一選択薬とされているのが現状です。 高血圧から生じる合併症を防ぐには血圧管理が重要であり、ミカルディスは頻繁に使用されるようになっています。 その合併症が顔面に出る場合もあります。 片側顔面痙攣は高血圧によって引き起こされることが示唆されるようになっており、動脈硬化によって硬化した血管が顔面神経を圧迫することで生じているという説が唱えられています。 疲労やストレスなどの生活習慣との関連性もあるとされているため、生活習慣病治療が片側顔面痙攣の治療にもつながっていきます。

2019年07月16日
動脈硬化予防に血管の若がえりの試みとミカルディス

高血圧治療において目指される目標は2つあります。 1つは原因を取り除くことによって血圧を正常域に安定させられるようにしていくことであり、もう1つが降圧薬を用いることで一時的に血圧を正常域に安定させることです。 前者が根本治療に当たるため重要性が高いということは誰もがわかることです。 しかし、後者もまた重要なことであり、これによって合併症のリスクを減らすことができます。 血圧が高い状態というのは動脈硬化やそれに伴う重篤な合併症を招きやすい状態であり、少しでも低い状態を保つということが重要視されるのです。 胸に痛みを覚える心筋梗塞はその代表例であり、胸を押さえてうずくまることしかできなくなることすらある合併症です。 胸だけでなく、頭の痛みなどを伴うものもあり、意識障害によって重篤化するのもあるのが特徴であり、予防は欠かせないものとなります。 その予防目的で使用される降圧薬として頻繁に用いられるようになってきたのがミカルディスです。 カルシウム拮抗薬がもともとは高血圧治療におけるスタンダードでしたが、ミカルディスやその類似薬はそれに匹敵する勢いで使用されるようになってきています。 これは生活習慣病として糖尿病を併発する人が増えてきているからであり、ミカルディスは糖尿病患者で悪くしてしまっていることが多い腎臓を保護する作用があるとされているため、カルシウム拮抗薬よりも好んで使用されることが増えているのです。 一方、合併症の予防という観点では動脈硬化を防ぐために血管の若がえりを考えることが大切です。 血管は修復が可能であり、血管内皮細胞を新しく作り変えることが若がえりの意味です。 軽い運動にその効果があるとされており、運動療法を取り入れることで血管の若がえりが可能になります。

2019年06月17日
ミカルディスを通販で買うためには?

20代や30代前半までは、新陳代謝が活発なので、多少不摂生な生活を送っていても、それほど体に悪影響を与えることはありません。 しかし加齢により、徐々に代謝機能は衰えていくため、血液の循環が悪くなり、体の中の余計な老廃物が排出されにくくなっていきます。 血液がドロドロとするようになり、高血圧になると、動脈硬化や心臓病、脳疾患などの重い病気にかかる確率が上がるので、それを防ぐためには血圧を下げるための努力をする必要があります。 バランスの良い食事を三食摂るようにして、喫煙やアルコールを控え、寝不足にもならないように注意しながら、ストレスをためないような生活をしなければなりません。 それでも効果がない場合は、お医者さんの診察を受け、ミカルディスのような血圧降下剤を処方してもらうようにしましょう。 ミカルディスは、高血圧症の治療に用いられる薬で、血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、血圧を上げる元となる物質のアンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑え、血圧を下げる効果があります。 心不全などの心臓病や、腎臓病にも用いられることがあり、国内では多数の利用者が存在しています。 ミカルディスは基本的には病院で処方してもらわなければなりませんが、忙しくて行く暇がないときは通販を利用するようにしましょう。 通販といっても、一般的な薬局やドラッグストアのサイトでは売ってないので、個人輸入代行通販のサイトから見つけるようにしてください。 個人輸入代行通販は自己責任で利用しなければなりませんが、ミカルディス以外にもさまざまな薬が売られているので、いざというときには役立ちます。 サイトによって薬の価格は違うので、まとめ買いなどで安く買えるところを探しましょう。

2019年05月29日
ミカルディスの副作用と注意点

ミカルディスはアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬という分類に属する高血圧症治療薬です。 作用機序を詳細に説明すると、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系のアンギオテンシンIIがその受容体であるAT1受容体に結合することを阻害することによって、その下流を働かなくして降圧効果を示します。 ミカルディスなどアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬には他にオルメテック、ブロプレスなどがありますが、これらには降圧作用の他に心臓や腎臓の保護作用があることが知られており、高血圧症の初期治療においても積極的使用が推奨されています。 ミカルディスは比較的安全な薬として知られていますが、副作用、注意点が全くないわけではありません。 ここからはミカルディス服用による代表的副作用と注意点について解説します。 まず、ミカルディスは妊婦が服用できない薬です。 妊娠中には女性ホルモンの影響等によって妊娠高血圧症が起こることがありますが、つまりこの薬はこのような場合には使用できないわけです。 それはミカルディスの服用によって羊水減少、死産・流産、胎児の奇形、先天異常などが起こる可能性があるためです。 またミカルディスは重度の肝障害の患者には使用が禁止されています。 なぜなら有効成分のテルミサルタンが肝臓から胆汁中に排泄される薬であるため、肝機能障害によって血中のテルミサルタン濃度が異常に高くなり、副作用が発現しやすくなってしまうからです。 ちなみにミカルディスの代表的副作用は低血圧によるふらつき、顔面紅潮、めまいなどが挙げられます。 このような場合には薬の効果が強く出すぎている可能性があるため、主治医に相談するようにしましょう。 そして用量調節や他剤への変更を検討しましょう。

2019年05月19日