記事一覧
脳動脈硬化症予防におけるミカルディスによる降圧治療

ミカルディスはテルミサルタンを有効成分として含む高血圧治療薬です。アンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類されるミカルディスは比較的新しい降圧剤

2019年09月27日
武田薬品にとって危険分子となりつつあるミカルディス

ミカルディスはアンジオテンシン受容体拮抗薬として知られる比較的新しい高血圧の治療薬です。武田薬品が開発したアンジオテンシン受容体拮抗薬から遅

2019年08月31日
頭痛などの副作用があるミカルディスと塩分制限

高血圧症の治療に使う降圧薬のひとつに「ミカルディス」があります。ミカルディスは成分名はテルミサルタンであり、アンジオテンシンII受容体拮抗薬

2019年08月05日
生活習慣病の3疾患とミカルディスと合併の治療

生活習慣病の代表的な3疾患として知られているのが高血圧、糖尿病、脂質異常症です。これらは互いに関連しあっているというのが特徴的であり、同じような生活習慣が原因となって発症しやすくなります。そのため、3疾患の1つにかかってしまうと他の疾患を合併しやすくなるというのが特徴となっています。これらの3疾患は

2019年07月16日
動脈硬化予防に血管の若がえりの試みとミカルディス

高血圧治療において目指される目標は2つあります。1つは原因を取り除くことによって血圧を正常域に安定させられるようにしていくことであり、もう1つが降圧薬を用いることで一時的に血圧を正常域に安定させることです。前者が根本治療に当たるため重要性が高いということは誰もがわかることです。しかし、後者もまた重要

2019年06月17日
ミカルディスを通販で買うためには?

20代や30代前半までは、新陳代謝が活発なので、多少不摂生な生活を送っていても、それほど体に悪影響を与えることはありません。しかし加齢により、徐々に代謝機能は衰えていくため、血液の循環が悪くなり、体の中の余計な老廃物が排出されにくくなっていきます。血液がドロドロとするようになり、高血圧になると、動脈

2019年05月29日
ミカルディスの副作用と注意点

ミカルディスはアンギオテンシンAT1受容体拮抗薬という分類に属する高血圧症治療薬です。作用機序を詳細に説明すると、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系のアンギオテンシンIIがその受容体であるAT1受容体に結合することを阻害することによって、その下流を働かなくして降圧効果を示します。ミカルディス

2019年05月19日